日本スプライススリーブ株式会社
資料請求・お問い合わせ サイトマップ English
トップページ > ニスコテクニカルセンター

ニスコテクニカルセンター

NISSCO TECHNICAL CENTER ニスコテクニカルセンター

継手メーカー最高峰の設備を有する日本スプライススリーブのテクニカルセンター

モルタル充填式鉄筋継手のパイオニア「日本スプライススリーブ株式会社」の研究施設「ニスコテクニカルセンター」が、2014年3月、場所を千葉県松戸に移し、より設備を充実させて新たなスタートを切りました。

鉄筋継手の会社では類をみない大型試験機「構造実験用加力フレーム」や、大型の疲労試験を2台導入するなど、国内でも有数の設備を揃える研究センターとなりました。

これによって、製品の開発に求められる様々な実験をよりスピーディに行い、お客様のニーズに合わせた製品の供給をいち早く行えるようになります。

「一番の継手を造りたい」― 社員全員の思いをつなぐ「ニスコテクニカルセンター」

から、新しいNMBスプライススリーブシステムを世界に発信いたします。


思いをつなぐ、信頼をつなぐ、未来へつなぐ
主な試験装置

継手メーカー最高峰の設備を有する日本スプライススリーブのテクニカルセンター

2500kN疲労試験機(アポロ&ヴィーナス)

2500kN疲労試験機(アポロ&ヴィーナス)

コンピューター制御により日本はもとより世界各国の継手基準に定めら れた継手試験が可能。2台あることでよりスピーディに試験が可能に。

2000kNアムスラー型万能試験機

2000kNアムスラー型万能試験機

現場で採取したモルタルの圧縮強度試験や開発中の超高強度のモル タル試験が可能です。

1000kN圧縮試験機(自動&手動)

1000kN圧縮試験機(自動&手動)

超高強度のモルタルやコンクリートの試験が可能です。

大野式逆対称加力装置

大野式逆対称加力装置

柱や梁の構造実験を行える装置。継手メーカーでの導入は国内初。

恒温・恒湿室(2室)

恒温・恒湿室(2室)

2室あることにより、20℃の標準試験条件と夏季、冬季の施工状況を 再現した試験を同時に行えます。

アクセス方法

地図

ニスコテクニカルセンター
〒271-0065 千葉県松戸市南花島字向町313-5
TEL:047-308-3681(代)/FAX:047-308-3682

●交通手段
@ 松戸駅からタクシーの場合
北松戸工業団地内ニスコテクニカルセンター(コカ・コーラの隣、JFE鋼板の向かい側)

A 松戸駅からバスの場合
松戸駅西口バス1番乗り場(松81系統 日大歯科病院行)→栄町1丁目下車→徒歩1分